グリーンネイバーフッド―米国ポートランドにみる環境先進都市のつくりかたとつかいかた によって 吹田 良平 フランセPdf無料

グリーンネイバーフッド―米国ポートランドにみる環境先進都市のつくりかたとつかいかた


Book's Cover of グリーンネイバーフッド―米国ポートランドにみる環境先進都市のつくりかたとつかいかた
3.5 5つ星のうち(9人の読者)

グリーンネイバーフッド―米国ポートランドにみる環境先進都市のつくりかたとつかいかた によって 吹田 良平 フランセPdf無料 - グリーンネイバーフッド―米国ポートランドにみる環境先進都市のつくりかたとつかいかたをお探しですか? この本は著者が書いたものです。 この本には175ページページあります。 グリーンネイバーフッド―米国ポートランドにみる環境先進都市のつくりかたとつかいかたは繊研新聞社 (2010/8/1)によって公開されています。 この本は2010/8/1に発行されます。 グリーンネイバーフッド―米国ポートランドにみる環境先進都市のつくりかたとつかいかたは簡単な手順でオンラインで読むことができます。 しかし、それをコンピュータに保存したい場合は、今すぐグリーンネイバーフッド―米国ポートランドにみる環境先進都市のつくりかたとつかいかたをダウンロードできます。

内容紹介 あのエースホテルからワイデン+ケネディまで。リベラルなモダンボヘミアンの棲むところ。自立都市、ポートランド。 既成概念を信じない。領域に縛られない。愛すべきヘソ曲がりたち、クリエイティブ•シンカーの棲むところ。クリエイティブシティ、ポートランド。 今、世界で最もバイクフレンドリーでサステイナブル。フレームビルダー(特注自転車メーカー)の聖地。環境先進美食都市、ポートランド ポートランド、恐るべし! 出版社からのコメント 今、最も注目されている都市再生事例のひとつが、米国オレゴン州ポートランド市にあるパールディストリクト。民間企業と住民、そして行政が三位一体となって、寂れた倉庫街でしかなかったエリアを全米で「住みたい街」の上位に必ず食い込むまでに再生させた。本書ではその理由を、「アーバンネイバーフッド」「クリエイティブシンカー」「エコエピキュリアン」という3つのキーワードで紐解く。低炭素社会を目指す都市として再生するためのアイディアとヒントを臨場感溢れる写真と共に紹介。環境共生時代の都市生活像「グリーンネイバーフッド」を思考するのに役立つ次世代都市創造論の決定版。 著者について 1963年生まれ。株式会社アーキネティクス取締役。浜野総合研究所を経て、2003年より現職。都市開発、施設開発の構想策定を中心に、関連する内容の出版編集•制作も行なう。主な実績に、渋谷QFRONT開発、機関誌「Zerohour」編集長、「北仲BRICK&WHITE experience」編集•執筆、「日本ショッピングセンターハンドブック」共著等がある。 About this Title (孫引き)作家村上春樹氏は、ある会員誌の中でポートランドについて次のように書いている。「コンピュータ関連のハイテク産業や、スポーツ産業の発展(ナイキの巨大な本社が街の郊外にある)が、この街に新たな活気をもたらし、高度の専門教育を受け、収入に余裕のある若い世代の人々が、この地域に好んで移り住むようになった。ポートランドは毎年「若い世代の人々が暮らしたい都市」リストの上位に食い込んでいる。そのような人々はクォリティーの高い、しかし華美ではない生活環境を求めているし、外食もそのライフスタイルの大事な一部である」(二つのポートランド(前編)「Agora」March 2008より抜粋) 続きを見る

ファイル名 : グリーンネイバーフッド-米国ポートランドにみる環境先進都市のつくりかたとつかいかた.pdf

グリーンネイバーフッド―米国ポートランドにみる環境先進都市のつくりかたとつかいかたを読んだ後、読者のコメントの下に見つけるでしょう。 参考までにご検討ください。
環境先進都市というサブタイトルとカバー写真に惹かれて買いましたが、中身はとぎすまされた言葉と写真で、日本のまちづくりのこれからをイメージさせてくれる最良の参考書となりました。吹田さんの考察をはじめ、あらゆるインタビューや写真にヒントが含まれています。次の本にもとにかく期待です。仲間にはどんどんお薦めして、買っていただきたいと思える本です。